千葉県の酒類販売申請のご依頼者をいただきました(第二章)

query_builder 2021/07/02
ブログ
22013157_s

千葉県の野田市行政書士事務所 寿々です。


先日ご依頼いただきました酒類販売の許可の申請準備が整いました。
ブログ「6月5日 千葉県酒類販売申請のご依頼者をいただきました(第一章)」の続きです。


本日、酒類販売の許可の申請書を柏税務署に提出してきました。

実は柏税務署には「酒類指導官」が常駐していません。松戸税務署の酒類指導官が輪署をしているのです。
ただ、酒類販売の許可の対象地域が野田市なのです。野田市の管轄が柏税務署なので、酒類販売申請の許可柏税務署長が許可をしてくださいます。


松戸税務署の酒類指導官からは郵送申請が可能であることを聞いていたのですが、追加資料依頼ら補正などに即座に対応できるように…と、窓口申請をするために持参しました。

受付で書類提出、受理がされ、あっさりと終わってしまいました。

少し拍子抜けでしたが、とりあえずは一安心です。


ご依頼をいただいてから、松戸税務署で酒類指導官との面談(打合せ)をさせていただいたり、質問等があるときは松戸税務署に連絡をしていました。
指導官の方が非常に丁寧に説明や指導をしてくださるので、非常に申請準備がスムーズに行えました。


申請書は作図をしたり、販売計画書を作成したり、「人」「場所」「資金」の要件を証明するための資料を準備します。
ご依頼者様に「市の納税証明書」「県の納税証明書」「販売場所の登記事項全部証明書」などを証明する資料の収集をお願いしました。
ご依頼者様にヒアリングをさせていただいて「経歴書(特に酒類販売の経験を重視)」「経営者としての適格性」の資料を作成しました。


「酒類販売申請」独特の資料を何種類も作成していき、なかなか難易度の高い許認可に入ると思います。
ご依頼いただいてからお打ち合わせや酒類販売申請書の準備を重ねて、約1ヶ月の時間を費やし無事に酒類販売申請書を提出できたことに一安心です。


酒類販売の申請手続の処理期間は丸々2ヶ月かかると言われています。補正や書類追加等が発生すれば、さらに処理期間が延びてしまいます。
ご依頼者様からは「10月までには酒類販売の許可を取得したい」とのご要望がありましたが、多少の遅れが出ても、ご希望期間内に納品は問題なさそうです。


無事に酒類販売の許可がおりる事を願うばかりです。



不動産全般相談、普通自動車や軽自動車の車庫証明・車輛名義変更・車輛抹消(特に千葉の野田ナンバー・埼玉の春日部ナンバーに注力しています。OSS申請にも対応)、産業廃棄物収集運搬業の許可(千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、茨城県、群馬県、栃木県の産業廃棄物収集運搬の許可お任せください。)、酒類販売の許可(酒類販売業許可は一般的に馴染の薄い許可になると思います。これは「お酒を販売するための許可」になります。規制緩和の流れで、酒類販売業許可の取得が以前比べ容易になりましたが、「人」「場所」「資力」が問われ、全てを書類で証明していかなければなりません。酒類販売業許可の取得をメイン業務としている行政書士事務所 寿々にお任せいただければ、このような難易度の高い資料の作成を代行・サポートをさせていただきますので、きっとご安心いただけます。行政書士事務所 寿々では迅速・丁寧な対応でお客様のご要望に応えられるよう日々の業務に取り組んでいます。)の手続き、家族信託のご提案、家族信託契約書の作成、遺言書の作成サポートは千葉の野田の行政書士事務所 寿々にご依頼ください。また、費用や報酬もお気軽にお問い合わせください。

記事検索

NEW

  • 坂東市(境警察署)の車庫証明書の費用や報酬のご案内です。

    query_builder 2022/08/14
  • 守谷市(取手警察署)の車庫証明書の費用や報酬のご案内です。

    query_builder 2022/08/13
  • 吉川警察署(吉川市内)の車庫証明書の費用や報酬のご案内です。

    query_builder 2022/08/12
  • 越谷警察署の車庫証明書の費用や報酬のご案内です。

    query_builder 2022/08/11
  • 千葉県野田市で相続に関するご相談をいただきました。

    query_builder 2022/08/10

CATEGORY

ARCHIVE