一般酒類小売業・通信販売酒類小売業免許の申請手続き

2021/07/08
サンプルテキスト4

おたからや川間駅前店様


お褒めのお言葉ありうがとうございます。


酒類販売業許可は一般的に馴染の薄い許可になると思います。これは「お酒を販売するための許可」になります。
以前は、酒類販売業許可は「距離制限」があったり、取得にあたり「同業者2名以上からの推薦状」が必要だったりと、酒類販売業許可を取得するには難易度の高い条件がありました。
規制緩和の流れで、酒類販売業許可の取得が以前比べ容易になりましたが、「人」「場所」「資力」が問われ、全てを書類で証明していかなければなりません。
酒類販売業許可は申請の中で特に「販売計画」や「一般消費者様へ発行・発信する文章」の作成にはかなり苦労されると思います。
酒類販売業許可の取得をメイン業務としている行政書士事務所 寿々にお任せいただければ、このような難易度の高い資料の作成を代行・サポートをさせていただきますので、きっとご安心いただけます。
行政書士事務所 寿々では迅速・丁寧な対応でお客様のご要望に応えられるよう日々の業務に取り組んでいます。