埼玉県吉川市内の不動産調査(土地)のご依頼をいただきました。

query_builder 2021/12/26
ブログ
ダウンロード

千葉県の野田市行政書士事務所 寿々です。


埼玉県吉川市にある不動産業者様から埼玉県吉川市内の不動産の調査依頼がありました。
法人様が所有されている不動産(土地)を売却するご相談があったそうです。


今回の物件は、
①市街化調整区域にある
②接道が県道である
③浄化槽の処理された水の排水方法

この3点が調査のポイントとなります。


①の市街化調整区域にある土地ですと、原則、建物の建築ができません。

建築するためには一定の条件をクリアする必要があります。
「建物が建てられない土地」と「建物が建てられる土地」では、販売価格に大きな差が出ます。
対象不動産が「建物が建てられる土地」である事の裏付け(証拠)をしっかりと押さえる必要があります。


本当は建物が建てられない土地なのに、調査不足で建物が建てられる土地として販売してしまったら大変な事になります。
損害賠償を請求されてしまう程の大きなミスになります。
この部分は調査しっかりと行う必要があります。


②の接道が県道であると、道路の調査を行う窓口が市役所ではなくなります。
県庁の支所などに県道を管理している部署がありますので、そちらの窓口で調査を行わなくてはなりません。


調べる内容は「道路幅員(道路の幅)」「道路番号(県道●●号線など)」「道路査定の有無」などです。(道路査定は難しい話しになるので割愛します)


浄化槽の処理された水の排水方法ですが、まず「市街化調整区域には公共下水(本下水)がない事がほとんど」です。
汚水や雑排水は「浄化槽」を使用して、処理水(きれいな水)にして排水しなくてはなりません。


その処理水をどこに排水するのか?が問題になります。
その処理水は県道に排水する事は許されません。市道などの側溝や排水路に排水するのが一般的です。


そのような排水先がない場合は、敷地内で浸透させる浸透式という方法もありますが、あまり一般的ではありません。
排水先によっては、排水の為の負担金の支払いが必要になる場合もあります。
そういった事もしっかりと調査しておかなければなりません。


通常とは違う調査を求められる物件ですので、慎重さと正確さがいつも以上に求められる調査です。


下準備をしっかりとしたうえで調査を行いたいと思います。



不動産全般相談、普通自動車や軽自動車の車庫証明・車輛名義変更・車輛抹消(特に中古車の手続きで千葉の野田ナンバー・埼玉の春日部ナンバーお任せください。)産業廃棄物収集運搬業(千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、茨城県、群馬県、栃木県の産業廃棄物収集運搬業の許可申請お任せください。産業廃棄物とは一般廃棄物に入らない物を言います。非常にあいまいな表現となっており分かりづらく一般的には馴染の薄い許可になると思います。不法投棄問題などでニュースに取り上げられることも珍しくはありません。家族信託のご提案、家族信託契約書の作成、遺言書作成サポートは千葉の野田の行政書士事務所 寿々にご依頼ください。また、費用や報酬もお気軽にお問い合わせください。産業廃棄物の処分費用を惜しむがために産業廃棄物の不法投棄となってしまうのです。(千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、茨城県、群馬県、栃木県の産業廃棄物収集運搬業の許可申請お任せください)、酒類販売申請の手続きは千葉県の行政書士事務所 寿々にご依頼ください!

記事検索

NEW

  • 越谷警察署の車庫証明書の費用や報酬のご案内です。

    query_builder 2022/06/25
  • 埼玉県の吉川警察署で車庫証明書申請のご依頼をいただきました。

    query_builder 2022/06/24
  • 定置用リチウムイオン蓄電池システムの補助金申請を提出しました。

    query_builder 2022/06/23
  • 開発行為に係わるご説明で自治会長様を訪問しました。

    query_builder 2022/06/22
  • 国土地理院で開発許可に係る調査を行ってきました。

    query_builder 2022/06/21

CATEGORY

ARCHIVE